新風営法で世の中は無店舗型に誘導されている - 明日があるから今日がある



新風営法で世の中は無店舗型に誘導されている

自分の年代で風俗と言うと

ソープランド
ヘルス
ピンサロ

が思い浮かびます。

ところが新風営法で規制がかかり、こういった店は限られた場所しか営業できません。

なので、滅びていくばかりです。

特に地方は、従来の店舗の継続ですから、経営者も高年齢化し、新しい発想も無く寂れる一方です。

前回行った山口市湯田温泉のピンサロなど、店はかび臭い改装もできないような感じでした。

人間の性的欲望は衰えません。店舗がなくなるとどこへ行くか?

デリヘルです。デリバリーヘルスです。

自宅もしくはラブホテルに女性が赴きサービスをする形です。

あくまでもプライベートの交渉としてやりたい放題です。ただ交渉が成立した場合のみですが。

本番を含んでやっているところが普通、マッサージまでと線がある店それぞれですが。

出会い系と呼ばれているのもその延長です。

ネットに慣れている層は利用しています。多少テクニックやリスクがあると思います。

出会い系もデリヘルと変わりません。

新風営法が施行されて以来、ふらっと風俗へという選択肢がなくなりつつあります。

通称でいう「風俗街」は認められていますので、今日も賑やかでそこに行けば満たされます。

P1040472.jpg










タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 明日があるから今日がある All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。